借金延滞は厳しくなる

ローンや様々なキャッシングを利用していくことによって借金がたまっていくことがあります。
どうしても借金の返済ができないという時に、延滞をしてしまうというケースもあります。
そんな時には、どのような処罰などが与えられてしまうのでしょうか。
よくテレビのドラマなどで強制的な取り立てを行っていきますが、実際にはもっと穏やかに徴収を行っていきます。


もしも借金返済について延滞が3ヶ月以上経過してしまった時には、ブラックリストというリストへ個人情報が記録されてしまいます。
個人情報は様々なクレジットカードや消費者金融などがデータをチェックする信用情報機関へ登録されていき、事故情報という扱いにされてしまいます。
一回信用情報機関などへ延滞に関する事故情報が掲載されてしまうと、その後でたとえ借金を完済していったとしても延滞をしたという事実が残ってしまいます。
一定期間残ってしまいますので、次にローンなどを借用する時に障害となって残ってしまいます。


3ヶ月間借金の支払いについて延滞をしてしまうと情報は5年も信用情報機関へ保存されていきますが、返済が不可能な状態で自己破産だったり民事再生といった債務整理を行うことになれば、10年間情報は記載を信用情報機関にされてしまいます。
延滞は今後の人生に大きな影響を与えていきますので、しっかりと計画的に返済を行っていかなければなりません。
決して現在は借金返済について過激な取り立てはありませんが、確実にダメージを与えていきます。

Copyright © 2014 借金延滞が招くトラブル All Rights Reserved.